サイトへ戻る

草津温泉に行ってきました

玉川温泉とは、一味違う?

先日群馬が誇る名湯、草津温泉へ行ってきました。ここは玉川温泉と同じくpH値1.5の酸性が強い温泉です。私は長年草津温泉へ通っていますが、湯治場として名高いですが、同時に観光地としても名高い同温泉地。玉川温泉の様な秘湯感はあまりありません。そして私が知るかぎり、玉川温泉の様に、放射線のはなしも聞いたことは無いです。温泉に使ってみると、場所にもよりますが、肌に時にしみるような感じもあります。慣れればもちろん心地良いですが、いわゆる単純泉というお湯では無いですね。以前私自身も水虫が治ってしまったことがありました。それくらい酸が強いのかな?一緒に行く人の感想を聞くと、肌がつるつるになるということは言っている人が多いので、やはり特徴ある名湯なのでしょうね。ここ最近はホント、観光客が増えました。群馬県知事の山本一太氏は、草津出身でもあります。だからというわけではないでしょうが、PRに余念がない感じです(笑)10年前と比べると、お土産屋さんも洗練されてきていますし、湯畑や西の河原の周辺も、トイレがきれいになったり、無料の足湯ができたり、ほんと綺麗になりました。最近では夜のライトアップがとっても綺麗。クリスマス前だからでしょうか?写真の様な大きなツリーが。このツリーはバレンタインの頃まで点灯するようです。カップルでスキーに来て、温泉つかってなんて、良いですねー(^^

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。